JavaScriptを記述する場所について

JavaScriptを記述できる場所には、次の2箇所があります。
どこにJavaScriptを記述すれば良いか紹介します。

HTMLのscriptタグの中にインラインで記述する

<script>
  // 記述する場所
</script>

HTMLのscriptタグの中に直接ソースコードを記述します。
記述する場所は、HTMLのheadタグ内か、またはbodyタグの閉じタグの直前に記述することができます。
bodyタグの直前に記述することで、HTMLを読み込んだ後にJavaScriptの読み込みがされるので、処理が早くなるというメリットがあります。
しかし、中には動かなったりする場合もあるので、そのときはheadタグ内に記述しましょう。

ファイルをscriptタグで呼び出す

<script>
  // 記述する場所
</script>

上記で紹介した方法は、直接ソースコードを記述していましたが、こちらは別のファイルにソースコードを記述したファイルをHTMLのscriptタグで呼び出す方法です。
こちらのほうが、メンテナンスしやすいのでよく使われているやり方になります。
記述する場所は、上記と同じくHTMLのheadタグ内か、またはbodyタグの閉じタグの直前に記述することができます。