WordPressとはどういうもの?

WordPress

WordPress(ワードプレス)はオープンソースのソフトウェアで利用できる、CMSというコンテンツを管理するシステムのことです。
現在、世界中の多くのウェブサイトでこのWordPressが使われています。数字で示すと、世界のウェブサイトの約3割、CMSを使っているウェブサイトの約6割がWordPressを利用していると公表されています。
WordPressはオープンソースであるため、無償で自由に使うことができることから、いろんな人に使われているとともに、WordPressの開発やサポートなども多くの人が関わりながら、貢献・発展しています。
また、世界各地でWordPressのイベントが行われるなど、コミュニティも賑わいをみせています。

CMSについて

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、文章や写真、メディアなどのコンテンツを管理することができるシステムのことを言います。
これまでウェブサイトをつくるときには、HTMLやCSSといった専門知識が必要でしたが、CMSを利用することで利用者は、コンテンツを投稿するだけでサイトを更新できるようになりました。
また、HTMLページでつくられた「静的サイト」では、変更があった際に更新するのが非常に大変でした。一方、WordPressはPHPというプログラムを使って更新する「動的サイト」と呼ばれています。
WordPressでは、記事を投稿するだけでウェブページを自動で生成してくれるため、管理もとても楽に行うことができます。その手軽さから、多くの人に利用されています。