WordPressプラグイン「WP Maintenance Mode」でメンテナンス画面を表示させるやり方

WordPressでホームページを作成している間やリニューアルするときなど、変更途中の状態を見せたくないときにプラグイン「WP Maintenance Mode」を使ってメンテナンス画面を表示させることができます。
その「WP Maintenance Mode」の使い方の説明します。

プラグインをインストールし有効化したら、管理画面の「設定」から「WP Maintenance Mode」を選択します。
基本は、状態を「有効化」に変更するだけでOK。

プラグイン設定画面
Robots Meta タグを「no index, nofollow」に変更すると、メンテナンスモード中は検索エンジンにインデックスされないようにすることもできます。

変更した後は「設定を保存」ボタンをクリックします。これでホームページがメンテナンスモードへ切り替わります。
ここでホームページを確認してみても、ログインしている間はメンテナンス画面は表示されません。

ログアウトして確認してみると、メンテナンスモードの画面が表示されます。
メンテナンスモード画面

メンテナンス画面に表示させたい文字を変更するときは、「デザイン」タブから行うことができます。
メンテナンスモードの文字変更

これが基本的な「WP Maintenance Mode」プラグインの使い方です。シンプルかつお手軽に利用できるので、ありがたいですね。