WordPressプラグイン「TablePress」で表を作成するやり方

WordPressの投稿画面のツールバーには表を作成するものがないので、自分でHTMLタグを打つ必要があって面倒ですよね。
WordPressプラグイン「TablePress」だとHTMLが分からなくても、表を作成することができるので便利です。

ここでは、WordPressプラグイン「TablePress」で表を作成するやり方を説明していきます。
プラグインのインストール方法については、ここでは割愛します。

新しいテーブルを追加

まず、メニューの「TablePress」から「新しいテーブルを追加」を選択します。

「新しいテーブルを追加」画面では、テーブルの名前と説明、行と列の数を入力します。
「テーブルの名前」は後から見たときに分かりやすい名前に設定しておきましょう。

入力したら「テーブルを追加」をクリックします。

テーブルの内容を入力

テーブルが追加されたら、「テーブルの内容」のところに表の内容を書き込んでいきます。
前の画面で行と列の数を間違えたときは、行や列にチェックボックスを入れて、「テーブルの操作」で削除や挿入をすることで変更することが可能です。

「テーブルのオプション」で、細かい表の設定もすることができます。

変更を保存ボタン

入力が完了したら、「変更を保存」ボタンをクリックします。
保存されると、「正常に保存されました: テーブルが正常に保存されました。」と表示されます。

これでテーブルを作成することができましたが、これだけでは表を記事に表示することができないので、ショートコードを使って呼び出します。

ショートコードとは、投稿ページに[ショートコード名]を入力することで、内容を呼び出すことができる機能のことです。

ショートコードを表示

「すべてのテーブル」から表を選んで、「ショートコードを表示」をクリックします。

ショートコードをコピー

ショートコートが表示されるので、コピーをしてから「OK」ボタンをクリックします。
コピーするときは「Ctrl」+「C」キーを入力すると、手早く行えておすすめです。

ショートコードを貼り付け

表を挿入したい記事の編集部分に先ほどコピーしたショートコードを貼り付けます。

これで表を挿入することができました。これがTablePressプラグインでの表の作り方の流れとなります。
見たまま操作で簡単に表を作成することができるので、おすすめのプラグインです。ぜひ試してみてください。