パソコンのキーボードの種類について

パソコンのキーボードにも、いくつかの種類があることを知りました。
キーボードのキーの数によって「106キーボード」、「109キーボード」といったように呼び方が変わるんです。

主なキーボードのタイプについて
英語キーボード101キーボード104キーボード
日本語キーボード106キーボード109キーボード

例えば、日本語キーボードの「106キーボード」、「109キーボード」の違いでいうと、
106キーボードに[Windows]キー2つと、[アプリケーション]キーが追加されたものが
109キーボードとなっています。

英語キーボードが日本語キーボードよりも数字が小さいのは、
日本語キーボードにはある[変換]キーや[カタカナ/ひらがな]などが
用意されていないからです。

キーボードの種類は、パソコンの機種によって
テンキーがついてなかったり、
配置やサイズが変わっていたりすることも
あったりするので、事前に見ておきたいポイントですね。

入力のしやすさを重視するのであれば、
ノートパソコンのコンパクトなサイズのキーボードよりも、
デスクトップパソコンについてあるような
しっかりとしたキーボードを使いたいですね。