基本的なHTMLタグの種類について

HTMLの必須タグや、使うことの多い基本的なタグについて、どんな役割や意味があるのかを調べてみました。

必須タグ

<html>タグHTMLで書いている範囲を指定するタグ
<head>タグファイルの情報について指定するタグ
<title>タグWebページのタイトルを指定するタグ。タグ内に記述する
<body>タグWebブラウザで表示する範囲を指定するタグ

基本的なタグ(一部)

<div>タグ囲んだ範囲をブロックとして扱われ、CSSのレイアウト調整に利用する
<h1>~<h6>タグ見出し。数字は重要度で、<h1>が一番重要度が高く、<h6>が一番低い
<p>タグ段落。まとまった一つの文章
<a>タグリンク。「href属性」でリンク先のWebページを指定する
<img>タグ画像。「src属性」で画像ファイルがある場所を指定し、「alt属性」に画像の説明を入れることができる
<br>タグ改行
<table>タグ表組み。要素の種類に<th>(見出し)<tr>(行)<td>(セル)などがある
基本的なHTMLの書き方の例
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<title>タイトル</title>
</head>
<body>

<div>
  <h2>見出し</h2>
  <p>段落</p>
  <a href="リンク先">リンク</a>
  <img src="画像ファイルの場所" alt="画像の説明">
  <table>
  <tr>
    <th>見出し</th>
    <td>セル</td>
  </tr>
  </table>
</div>

</body>
</html>