JavaScriptで連想配列の宣言する書き方いろいろ

JavaScriptで行う、連想配列の宣言する記述の仕方について、軽くまとめてみました。

// キーと値のセット
var hash1 = {"key1":"value1","key2":"value2","key3":"value3"};

// キーのダブルクォーテーションを省略
var hash2 = {key1:"value1",key2:"value2",key3:"value3"};

// []でキーと値を指定
var hash3 = {};
hash3["key1"] = "value1";
hash3["key2"] = "value2";
hash3["key3"] = "value3";

// .でキーと値を指定
var hash4 = {};
hash4.key1 = "value1";
hash4.key2 = "value2";
hash4.key3 = "value3";

これらのいずれかの方法で、記述することができます。