Webサイトで使う画像ファイルの種類について

Webサイトでよく使う画像ファイルの種類について調べてみました。

画像ファイルの種類
形式拡張子
JPEG.jpg
PNG.png
GIF.gif
SVG.gif

JPEG形式

フルカラーの表示に対応したファイル形式。写真などに向いています。
圧縮することで容量サイズを縮小することができますが、画質も低下します。

GIF形式

使用できる色の数が256色で、ファイルサイズが小さいのが特徴ですが、最近は使用することが少なくなっています。
アニメーションで動かすことができるのも特徴のひとつ。

PNG形式

GIFの代替フォーマットとして開発された形式。
イラストなどの色を塗った画像などに向いており、透過処理をすることもできます。

SVG形式

最近になって使われる機会が増えてきているのがSVG。
JPEGやPNGなどのビットマップ形式はなく、数式で表現するベクター形式なため、拡大しても画質が劣化しないのが特徴です。
JavaScriptやCSSを使ってアニメーションすることもできます。