基本となるHTMLの記述の仕方について

HTMLでWebサイトをつくるときに、各ページに共通するHTMLの書き方とその要素についての解説です。
勉強記録用に残しておきます。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
</head>

<body>
</body>
</html>

DOCTYPE宣言

<!DOCTYPE html>

HTMLの1行目に必ず書く文書型宣言。大文字、小文字は区別されません。

<html>タグ

<html lang="ja">

<html>タグのlang属性には言語を指定します。
日本語で書かれているときは「ja」と記載します。

<head>タグ

<head>
</head>

HTMLのヘッダ情報をこの<head>タグ内に書いていきます。
文字コードの形式やページのタイトル、CSSのリンクなどを記載します。

<meta>タグ

<meta charset="UTF-8">

HTMLの文字コードの形式を指定します。
<meta>タグのcharset属性に、基本的には「UTF-8」と書いておきます。
この記載がないと、Webサイトを表示したときに文字化けするおそれがあります。

<body>タグ

<body>
</body>

HTMLの本体となる部分で、このタグ内に書いたコードがブラウザに表示されます。