EDATE関数で指定した月数から何ヵ月後、何ヶ月前の日付を求める

ExcelのEDATE関数で指定した月数から、何ヵ月後、何ヶ月前の日付を求めるやり方です。 EDATE関数は、指定した月数から前後の日付を求めることができる関数です。(書式)EDATE(開始月,月)「月」は、後の日付を求 … “EDATE関数で指定した月数から何ヵ月後、何ヶ月前の日付を求める”の続きを読む

Excel TODAY関数とDATEDIF関数で現在からの期間を求める

DATEDIF関数を勉強して知ったので、忘れないようにここに書き残しておきます。ExcelのTODAY関数とDATEDIF関数を使って現在からの期間を求めてみます。 TODAY関数は、現在の日付を表示することができる関数 … “Excel TODAY関数とDATEDIF関数で現在からの期間を求める”の続きを読む

Excel SUBTOTAL関数で小計、合計を求める

単に数字を合計するときは「SUM」関数を使いますが、小計を計算するときは「SUBTOTAL」関数が便利です。 SUBTOTAL関数の書式は=SUBTOTAL(集計方法,参照範囲)となっています。 集計方法は以下のような種 … “Excel SUBTOTAL関数で小計、合計を求める”の続きを読む

Excel 「折り返して全体を表示する」で列幅を変えずに文字を収める

列幅を変えずに文字をセル内に収めたいときは、「折り返して全体を表示する」を使うのが便利です。 「折り返して全体を表示する」のボタンは、ホームタブにあります。 使うときは文字を収めたいセルを選択して、「折り返して全体を表示 … “Excel 「折り返して全体を表示する」で列幅を変えずに文字を収める”の続きを読む

Excel フラッシュフィルの使い方(Office Online)

Office Onlineでのフラッシュフィルの使い方の説明です。 フラッシュフィルとはExcel2013からの機能で、列に書かれたデータに一貫性があるときに、そのパターンを自動認識して隣の列にデータを一括で入力すること … “Excel フラッシュフィルの使い方(Office Online)”の続きを読む

Excelのエラー値の種類について

関数の書式や引数の指定を間違えたりしたときに、エラー値が表示されます。これまでエラーだということは何となく分かってはいましたが、詳しい意味は理解していなかったので調べてみました。 種類 読み方 原因 ###### シャー … “Excelのエラー値の種類について”の続きを読む