CSSで文章の行の高さを調整するやり方と説明

CSSで文章の行の高さを調整するときは、line-heightプロパティで設定します。

書き方としては、以下のように書きます。

書き方
セレクタ名 {
  line-height: 値;
}
値の種類
normalWebブラウザが判断して行の高さを決定する
数値のみで指定文字サイズと指定した数値をかけた値が行の高さになる
単位で指定数値にpxやemなどの単位で指定する
%で指定パーセントで指定する

例えば、line-heightを2と指定したときの行の高さは、200%や2emと指定したときと同じになります。

(例)
p {
  font-size: 30px;
  line-height: 2;
}

line-heightは文字サイズが基準となるので、上の(例)のフォントサイズが30pxだったときのline-heightは60pxとなるわけですね。
行間は、line-heightの60pxからフォントサイズの30pxを引いた30pxが行間のサイズとなり、上下の行間のサイズはそれぞれ15pxとなります。

line-heightの行間の説明