Excelのエラー値の種類について

関数の書式や引数の指定を間違えたりしたときに、エラー値が表示されます。
これまでエラーだということは何となく分かってはいましたが、詳しい意味は理解していなかったので調べてみました。

種類読み方原因
######シャープ表示するセルの幅がせますぎる。日付や時刻の計算結果がマイナスのとき。
#DIV/0!ディバイド バイ ゼロゼロ除算しているとき。割り算をしているセルが未入力になっている
#N/A!ノー アサイン統計関数や検索/行列関数などで、引数の参照セルを間違えていたり、検索範囲内に適合するデータがないとき。
#NAME?ネーム関数名を間違えているとき。アドイン関数を登録していないのに、アドイン関数を入力している
#NULL!ヌル参照するセルの範囲を間違っているとき。数式や関数の引数の入力間違い
#NUM!ナンバー引数として指定できる数値を間違っていて、そのために関数が戻り値を返せないとき。
#REF!リファレンス数式や関数で無効なセルが参照されているとき。参照しているセルを移動、削除していて、見つからないときなど
#VALUE!バリュー関数の引数の指定方法を間違っていて、関数の書式に合っていないとき。

ただエラーになっているというだけでなく、その理由も分かるようになると、対策もやりやすくなるので覚えておいたほうがいいかもしれませんね。